ペラペラの自尊感情

言葉のリハビリ帳

太宰治の「グッド・バイ」を読んだ

軽い気持ちで青空文庫のアプリを立ち上げて読んでみた。文学を語る才も経験もないが素直に面白いと思った。未完とも新聞小説とも知らなかったが、続きを読めないのはなんとも悲しい。田島がキヌ子に散々振り回された上、奥さんに別れられるところ、見たかったなぁ(詠嘆)。結局田島はキヌ子から離れられなくなるのもいい。この話を基にした創作とか演劇が多くあるらしいが納得。

 

文学部に所属しながら、近現代文学が全然読めないのだが、太宰治はまだ読みやすい。夏目漱石とかは途中で発狂する。頑張って自分。

 

全部、やめるつもりでいるんです。

もっとも、多情な奴に限って奇妙にいやらしいくらい道徳におびえて、そこがまた、女に好かれる所以でもあるのだがね。