ペラペラの自尊感情

言葉のリハビリ帳

鎌倉に紫陽花を見に行った

鎌倉に行った。生まれて初めての一人旅、行き先は鎌倉、そして紫陽花を見ようとずっと考えていた。1日目に東京を観光して、2日目は鎌倉に行くことにした。東京の話は余裕があればまた。

 

朝起きて、ホテルの近くのプロントでモーニングプレートを食べた。美味しい。

f:id:nemn:20170704163051j:image

お腹がいっぱいになったところで、鎌倉へ向かう。新橋から東京まで出て、JRに乗り込む。ものすごいラッシュで通勤の人に邪魔だなこいつ……と思われながらなんとか横須賀線に乗り込もうとうろうろする。電車は混んでいた。母は東京の電車はみんな朝の御堂筋線みたいなもんと言ってたけどそうかもしれない。

 

1時間ほど電車に揺られる。梅雨の時期だけど快晴だった。もし雨が降ってたら地獄だっただろうな……

 

まずは北鎌倉を巡る。まずは明月院

f:id:nemn:20170704163412j:imagef:id:nemn:20170704163427j:imagef:id:nemn:20170704163448j:image

 

美しいの一言に限る。写真には残さない独特の青色がそこにはあった。まだ朝早いのにすでに人はいっぱいで、御朱印を頂く列がとんでもないことになっていた…

 

次に円覚寺へ。

 

f:id:nemn:20170704163626j:imagef:id:nemn:20170704163633j:image

あまり長居はできなかったけれど。

 

次は縁切り寺でおなじみの東慶寺。日本史の教科書に出てたような気がします。

f:id:nemn:20170704163909j:image

 

さだまさしの歌に出てくる縁切り寺がこの寺だと言われているらしい。

 

f:id:nemn:20170704164106j:imagef:id:nemn:20170704164113j:image

 

鎌倉に戻って少し休憩。店の名前を忘れてしまったけど地元の人とかもよくいらっしゃる喫茶店みたいです。値段も安くてよかった。

 

いざ鎌倉。(?)江ノ電に乗り込みます。

 

f:id:nemn:20170704164426j:image

f:id:nemn:20170704164440j:image 

 

まずは極楽寺に。中学の時修学旅行でここにきて、駅にあるポストに心を奪われたのでした。すこし歩いてみるとびっくり

 

f:id:nemn:20170704164653j:imagef:id:nemn:20170704164701j:imagef:id:nemn:20170704164715j:image

 紫陽花が至る所に咲いている……陽に当たってキラキラ輝いていた。

 

f:id:nemn:20170704164851j:image

成就院は植え替えをやっているらしくて紫陽花は見られず。残念。でも海を見ることができた。

 

f:id:nemn:20170704221624j:image

 コンビニで買ったアイスを頬張りながら、海辺で一人黄昏る21歳女子大生。

 

その後、長谷寺へ向かう。ところがどっこい、紫陽花ロード(今名付けた)が80分待ちとのこと。整理券が配られていた。いやいや!U○Jかよ(関西人はすぐこの表現をする)アトラクションかよ!平日だというのに大変な人混み。6月の鎌倉恐ろしいね。

 

仕方ないのでその辺を散策する。鎌倉文学館は開いてなくてブチギレました(またいきます) 御霊神社にも行きましたよ。

 

f:id:nemn:20170704221931j:image

f:id:nemn:20170704221959j:image

一通り見終わったらちょうど80分くらい経ってた。戻って整理券を渡す。ドキドキ……

 

f:id:nemn:20170704222117j:imagef:id:nemn:20170704222126j:imagef:id:nemn:20170704222149j:imagef:id:nemn:20170704222155j:image

f:id:nemn:20170704222217j:image

語彙力が絶望的にないため表現しきれませんが、終始ため息をつくような美しさでした。80分待った価値は大いにありました。いや、わざわざ大阪から鎌倉に出てきてよかったと思える価値があります。

 

紫陽花巡りは満足したので、鎌倉に戻り小町通りでひたすら買い物をしていました。鳩サブレやら瓶ビールやら。買いすぎて腕がちぎれるかと思いました。

f:id:nemn:20170704222518j:image

最高の夏。(体が疲れてて酔いがまわって死んだ)(注ぐの下手くそすぎて泡だらけ)

 

ひとり旅、不安でしたが意外となんとかなるものだと思いました。この夏もどこかへ行けたらいいなぁ。