ペラペラの自尊感情

言葉のリハビリ帳

言葉を紡ぐことはこんなにも難しい

文体が安定しなくなったのは、大学に入ってから。文体というか、文章が安定しなくなった。書くことが怖くなっている。実際、このブログの文章も、ですます調だったりである調だったり、ブレにブレている

 

小学生の頃から文章を書くのは好きだったし、得意だった。感想文なんてお手の物だったし誰よりも早く書いて提出していた。内容まで素晴らしい、とまではいかなかったけれど、平均以上のことは書いていたと思う。ブログを書いたり、創作をしたり、文章を書くことで自分を癒してきた人間だった。それは中学、高校とあまり変わらなかった。

 

けれど、大学に入ってから、なぜか書けなくなってしまった。初めは講義の感想から。書けない。今まで感想文を求められて書けないことなんてなかった。それなのに手が動かない、頭がこんがらがって文章化できない。そんなことがだんだん増えていった。ブログも書けない。創作もアイデアはあるのに文章化できない。最近は友人に送るLINEだって難儀している。文章を書くのが怖い、自分がきちんとした文章を書けている自信がない。言語化できない。もともと得意ではなかった、人と話すことにもその影響は出ている気がする。人への言葉のかけかたがわからない。自分の気持ちをうまく言葉に乗せられない。

 

言葉を研究する学問をしているのに、本当に情けなくなる。自分は国語ができるし、好きだからという理由で文学部に来たけれど、間違いだったのかな。うまく言葉を操れる人を見るたびに泣きたくなるような気持ちに襲われる。

 

こんな風に支離滅裂な文章を書き続けていれば少しはこの状況も改善されるのかな、とブログを始めた次第です。文章スランプ、みたいなものに陥った方がいらっしゃれば、どうかアドバイスをください。